「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Tokyo_Kita( 3 )


2007年 10月 13日

旧古河庭園 薔薇の園

a0058669_9485442.jpg
[Canon EOS 5D : Canon EF17-40mm F4L USM]

ここ最近は秋が深まりめっきり涼しくなって、今夏の酷暑が懐かしく思える時節になりました.
さて、もうかな〜り前になってしまったけど、まだあの暑さが始まる前の事、
旧古河庭園で薔薇祭をやってるというので行ってみた.
バラフェスタは初夏と秋の2回行われ、今まさに秋のフェスタやってるとこだけど、俺が行ったのは初夏ね.
タイムリーじゃなくてスマソ.先日ラグビーネタで載っけた薔薇はこの時撮ったもの.

旧古河庭園へは、昨年1月東京に大雪が降った際に訪れて以来二度目.(雪の庭園はコチラ
あの時の庭園は真っ白な雪に覆われ、まるで水墨画のような幻想的庭園でした.
雪化粧した庭園しか知らないので、庭園はモチロンとしても俺の好きなコンドル設計の洋館の艶姿も楽しみ♪

a0058669_95135.jpg
朝早くから訪れたのに、到着するとすでに結構な人手.
実は俺が訪れたときは既に初夏バラの見頃は過ぎており、若干萎れ気味だった.
しかし元々派手なバラ、そこはやっぱり存在感があるのです.

a0058669_9494761.jpg
で、バラに(というか花全般に)詳しくない俺は、バラに何種類もあるなんて知りもしなかった。
色が違う程度でしょ?ってな浅い知識で行った俺を待ち受けていたのは驚愕の種類のバラ達だった.
うーん、奥が深いッスね.

数えてた訳ではないけど、とりあえず30種類以上はありました.
花弁が縁取りみたいになってるもの、ギザギザになってるもの、重なりが多いモノ少ないモノ・・・
品種改良された色とりどりのバラたちが咲き誇っちゃってました.

a0058669_9511999.jpg
バラって一本でも存在感スゴイじゃないですか.
それがあれだけ咲いてるってのはやっぱ見応えあり.
これが古河邸洋館の岩壁が醸し出すクラシカルな雰囲気にベストマッチ.

皇后や皇太子妃の名を冠したプリンセスミチコやプリンセスマサコ
なるバラもあり、そのエレガントさに終止ユルユルモードだったのでした.

ちなみに今10/28までは秋のバラフェスティバルが行われているそうなので
興味ある方は是非是非.

←ブログランキングへワンクリック♪10ポイントお願いしまーす☆
[PR]

by redarpels | 2007-10-13 09:55 | Tokyo_Kita
2007年 10月 07日

薔薇の誇り

a0058669_23402914.jpg
[Canon EOS 5D : Canon EF70-200mm F4L IS USM]

サッカー程じゃないけど、欧州では盛り上がってるラグビーワールドカップ.
今年はフランス大会が行われており、今まさに決勝トーナメントの真っ最中.
日本では盛り上がりがイマイチだけど、何を隠そう元インチキラガーマンの俺はモチロン熱い.

で、先日決勝トーナメント一回戦(準々決勝)の初戦、オーストラリアvsイングランドが行われた.
オーストラリアは予選からの勝ち上がり方からして、絶対的な存在のニュージーランドと並び、
今大会の優勝候補筆頭に上げられていた.

俺はというと、第一回大会からのイングランドファン.
イングランドは今大会、ディフェンディングチャンピオンとして迎えながらも、
予選プールから不甲斐無い戦いが続き、前回地元開催ながら決勝でイングランドに敗退し
準優勝となったオーストラリアとの戦いは半ば諦めており、せめて楽しませてくれぃ!
といった感じで、TV中継で観戦してた.

ところが大番狂わせ!トライはないものの、激しいキック合戦を制したのはイングランド!

イングランド代表の紋章は、代表ジャージの胸に誇らしげに咲き誇る薔薇.
そしてイングランドはサッカー同様、ラグビーの発祥地.
その薔薇軍団が発祥国の誇りを懸けて戦い勝利した.
おめでとう!!いやぁ、勝手ながら深夜に勝利の美酒に酔いしれさせて頂きましたわ.

そして地元フランスは、オーストラリアと双璧を成すニュージーランドと決戦.
ニュージーはオールブラックスという名で有名だから、知ってる人も多いのでは?
これまた地元ファンの大声援に応え、なんとニュージーに勝利.

ココに来て俄然盛り上がってきたラグビーワールドカップの今後に期待デス☆

←ブログランキングへワンクリック♪10ポイントお願いしまーす☆
[PR]

by redarpels | 2007-10-07 23:48 | Tokyo_Kita
2006年 01月 21日

旧古河庭園 ver.WT

a0058669_14492228.jpg

[Canon EOS Kiss Digital N : EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM]

今日の東京は朝から雪ッ☆
雪予報に期待してたのだが、深夜2時に外見たら雨さえ降ってなかったので
降ったとしてもチラ程度の、毎度のパターンかと思いきや、予想外の嬉しさ.

今までならあまりの寒さに布団から出るのでさえ躊躇う天気と気温だが、
イチガンを所持し、写真を趣味とした俺の情熱には敵わない♪
逆に撮影日和♪てことで朝一から行ってきました、東京庭園シリーズ .

東京都北区 旧古河庭園

a0058669_14564322.jpg

写真は庭園内にある石造りの洋館で、ご存知ジョサイア・コンドルの設計.
鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸などで知られるこの英国人建築家設計の洋館は
明治・大正ロマン溢れる風貌で、その存在は21世紀となった今でも異彩を放つ.
石造りの容姿に積雪が映え、その格式を更に高めている.

a0058669_15111059.jpg

旧古河庭園には洋館に隣接するバラ園をはじめとする洋風庭園があるが、
同じ敷地内に日本庭園もあり、和と洋の庭園が調和することで、
他のそれとは別格の趣を醸し出している.
この灯籠の名は偶然にも「雪見灯籠」.

a0058669_1522968.jpg

心字池の水面には、雪化粧を施した木々が映り込み、庭園内は一面の銀世界.
雪吊りが設けられた日本庭園は、しんしんと降り続く雪を厳かに受け止める.
まさに和の精神.日本庭園に雪は良く似合う.
春は色とりどりの花が咲き、夏には深緑で覆われ、秋には赤黄の紅葉.
日本庭園は四季折々の顔を見せてくれる.

a0058669_15435271.jpg

雪降る極寒の中でも、鴨君たちは池に浸かり、この雪を楽しむかのように
水面を軽やかに渉り往く.
寒さに震えながらシャッターを切る俺を笑うかのように、実にたくましい.

コンクリやアスファルトで固められた都心は、雪が降ってもなかなか積もらず
風情を感じにくい中、庭園はホント情緒豊か.
また一段と庭園の魅力にハマってしまった今日この頃でした.

それにしても寒かったー.
そりゃ情熱だけじゃポカポカにはならんよ.

---

☆ブログランキング参加中☆
 
   ↑ 雪の中撮影行っちゃう情熱に、ワンクリックお願いします♪
[PR]

by redarpels | 2006-01-21 18:50 | Tokyo_Kita