俺の眼からコンニチワ

redarpels.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 16日

バンコク旅行レポ:王宮

a0058669_1313980.jpg
[Canon EOS Kiss Digital N : Canon EF17-40mm F4L USM]
[Canon PowerShot S60]

プーケットを発ち、バンコク国際空港へ到着したのは、昼前の11:30.
この日はガイドに引っ張られながらのバンコク観光.
とはいっても渋滞の酷いバンコク、1日じゃそんなに廻れません.

訪れたのは王宮と涅槃仏寺院の2箇所.
あとはメシだったり、特産品やDFなどのショッピングツアー.
後ろ2つはどーでも良いので、王宮と涅槃仏寺院のレポです.

 ☆まずはコチラ、ブログランキングを→



まずは王宮から.TOP写真でも分かるように、高い壁に囲まれ厳かな雰囲気が漂うものの、
もうピカピカに輝いてるのが遠くからでも十分に目視できる.
入場券を購入し中に入ってみると、その眩しさは更に勢いを増して眼前に迫ってくる.

a0058669_1383177.jpg

金色の部分は、3cm四方くらいにカットされた黄金タイルがびっしりと敷き詰められてます.
最近補修が行われたという数々の建物は、黄金やエメラルド原石などが散りばめられ、
それはもう荘厳なオーラをバンバン出してます.

a0058669_13103643.jpga0058669_13105034.jpg
中尊寺金色堂や安土城、大阪城の黄金の天守、黄金茶室、金鯱など、
かつて"黄金の国"と呼ばれたジパングがなんともしょぼく感じるほど眩いばかりの黄金.
金を惜しみなく使った外観は、平気で雨風陽に晒されており、大丈夫?と心配になってしまう.

a0058669_13144275.jpg

さて、次に訪れたのは、有名なワット・ポーの涅槃仏寺院.
巨大な仏像が横たわっているという事だけは知っていたので、俺はサガットとの対戦場にある
寝転がった仏像を思い出し、てっきり屋外にあるものだと思ってた.(スマソ、ストⅡネタです)

んで行ってみると屋内.まぁ、屋内で戦うわけには行かないか.
今思えばサガットはタイの格闘家だったんすね.当時は考えもしなかった.
a0058669_13281155.jpg

なんつーデカさなんでしょ.
ちなみに涅槃仏の枕や布団(?)、ベッドに至るまで全て黄金.スゴ(・∀・)

2寺院を時間をかけて廻った後はショッピングセンターへ寄った後、ホテルへ.時間は既に19時を廻った頃.
この頃になると、丁度帰宅ラッシュと重なって、物凄い渋滞.
噂には聞いていたけど、日本の比じゃないッス.横道からもどんどん入ってくるし、車線変更は
突如行われるもんだから急ハンドル急ブレーキは当たり前.
俺が見てるだけで3回くらいぶつかりそうになってたけど、ドライバーは涼しい顔.慣れって怖いな.

というわけで、バンコクの思い出といえば、黄金と渋滞.これのみ 笑
嫁の足の怪我もあって、ホテルに着いてクタクタになったので、もう適当にメシを済ませて速攻就寝でした.

次回は最終回、バンコクの朝をお届け.

---

☆ブログランキング参加中☆
 お陰様で100位前後で奮闘中♪ポチッと10ポイントお願いします☆
[PR]

by redarpels | 2006-10-16 20:09 | Foreign countries


<< 紅葉:磐梯吾妻スカイライン      横浜大桟橋眺望 >>