2006年 04月 16日

明治生命館(内観)

a0058669_1573794.jpg

[Canon EOS Kiss Digital N : TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di]

外観に引き続き、今回は明治生命館内部を.

東京都千代田区 明治生命館

海外のトラディショナルホテルのような佇まいの入り口をくぐり、
導線板に案内されるがままに懐かしい感じのエレベータへ.
呼出・指定階へ到着した時の"チーン"てな音も、情緒があって◎.

見学コースは2階から回る.
2階は吹抜けになったメイン部分を中心とした回廊で、主に経営陣の執務エリア.

a0058669_1453865.jpg

会議室には重厚感溢れる机と椅子が整然と並び、議題の重みを感じる.
俺のイメージだと、板垣退助のような立派なヒゲの重役達が、
机の上にシルクハットと懐中時計を置き、葉巻を燻らせながら会議してるイメージ.
んなわけないか...
ちなみにGHQ接収時期には、この会議室で連合国軍会議が行なわれ、
かのマッカーサー元帥も出席したらしいデス.スゴイ重圧感.

a0058669_1574871.jpg

コチラは社員食堂.といっても設備の物々しさから恐らく経営陣用のモノ.
1階から食料用のエレベータで上がってくる.1階が食堂なのかな.
この他にも2階には、実際の執務室(応接室付きの個室)が見られる.

a0058669_2156730.jpg

1階にはメインロビーの吹抜けが空間を演出.
大理石柱が立ち並び、ガラスが張られた天井からはほんのり光が漏れる.
明る過ぎず暗過ぎない明かりが、床や壁に反射して重厚感を助長する.
このビルでは、現在でも業務を行なっており、受付奥には
相談窓口のようなデスクが並べられていた.
こんな所で仕事が出来るなんて、羨ましいデス☆

a0058669_21541234.jpg

また、1階にも要所要所に応接室が設けられており、重要顧客などを
丁重にもてなしていた事がうかがい知れる.
この扉に書かれた「応接室」にレトロな文字が泣かせる.

a0058669_1474116.jpg

待合椅子、記入テーブルなどは当時の物だろうか.
こちらも内部の造りにトーンをあわせたモノになっている.

明治生命館、現在でもココで営業されているのにも感心するが、
こうして内部を一般公開していることにも大変感銘を受ける.
一企業として、というだけではなく、日本の財産なのだ.
数少ない歴史の生き証人として、これからも現役で居て欲しいと願うばかりだ.

---

☆ブログランキング参加中☆
 ←100位前後で奮闘中♪10ポイントお願いしまーす☆
[PR]

by redarpels | 2006-04-16 19:01 | Tokyo_Chiyoda


<< 品川プリンス AQUA STA...      明治生命館(外観) >>