「ほっ」と。キャンペーン
2006年 03月 23日

東京シティ競馬 大井競馬場

a0058669_23253428.jpg

[Canon EOS Kiss Digital N : TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di]

ご近所でありながら、これまで行く機会のなかった大井競馬場.
競馬はやらない俺だが、被写体として捉えてみたかったので、
夜の競争夢舞台トゥインクルレースを狙って、先日会社帰りに出陣.

東京都品川区 大井競馬場

入場料は100円.馬券買いに没頭しなければ実にリーズナブル.
昼間の陽気からは想像つかない寒さにもかかわらず、中に入ってみれば
平日というのに結構な人手.
聞けば今週は今年初のトゥインクルレースウィークとの事.納得☆
しかもオッサンがたむろする姿を想像していたのだが、以外にも若い女の子集団も
多々見られる.競馬人気は未だ健在カナ?

施設は想像していたよりもコギレイで、女性が多く見られるのも肯ける.
まー、基本はギャンブル好き丸出しのオッサンが殆どなのだが.

a0058669_23272181.jpg

トゥインクルレース、要は競馬のナイター.
眩しくおびただしいライトに照らし出されたダートコースを、10頭前後の
サラブレッドが闇夜を切り裂き疾走する華麗なナイトバトル.

a0058669_23283195.jpg

レース開始直前まで閑散としていたコース前の広場(観戦場?)も
出走ゲートが開きレースが始まる頃には、勝ちを信じた馬のゴールを
見届けるが如く、ワラワラと人が出てきて思い思いの歓声を上げる.

a0058669_23274715.jpg

コチラはパドック(次レース出走馬のお披露目会場).
間近で見るサラブレッドは、毛並み、色、ツヤ、プロポーションともに
惚れ惚れするほど美しい.
競走馬として、他の馬よりも速く走る為だけに、その存在価値の全てを懸ける
孤高の存在、そんなサラブレッドに見とれてしまう.

a0058669_23315216.jpg

自らの存在意義、全身全霊を懸けて疾走する競走馬を、俺如きのイチガンで
捉えるのはチト困難.ちょっとでも大きくと思い、柵近くで撮影すると、
目の前を駆け抜けるサラブレッド達のスピードに付いてゆけない.
彼らの熱戦をお伝えするには、相変らずスキルが低い俺.

もうチョイ動的被写体撮影レベルを上げてからのリベンジを誓い、
この日は2レース観戦しあえなく退散.

ちなみにちょっとだけ真似事で賭けてみたところ、惜敗.
結構惜しかったです.危なくレンズ一本買えてしまうところでした.

---

☆ブログランキング参加中☆
 ←ワンクリックで10ポイントお願いします☆
[PR]

by redarpels | 2006-03-23 23:39 | Tokyo_Shinagawa


<< 芝浦埠頭      お台場海浜公園 >>